8月 13

柴田町 太陽の村

訪問したのは2015年の初夏だったと思います。

太陽の村は国道4号線から しばらく山の方へ登ったところにあります。それなりの高さのところにあります。道中は結構くねくね道でした。

駐車場に着いてみると、平日に訪れたため人はまばらでした。

太陽の村の北側には「町民いこいの森」があります。こちらをメインに散策しました。

町民いこいの森には、食工房、レストラン、研修施設、宿泊施設等を完備した「総合交流ターミナル施設」もあり食事も楽しむことができます。

とても気になるラーメンがありましたが、食べませんでした。確か、内容の割りに、お値段がそこそこしたような気がします。それが躊躇した理由だと思います。どんなラーメンだったかも記憶にありませんが、機会があったら食べてみたいと思います。

敷地はとても広大です。散歩コースがあり付近を散策できます。
なによりも、見晴らしがよく景色はとてもすばらしいです。眼下に柴田の町並みが広がります。
良くも悪くも人があまりいませんので、自分のペースでのんびりとできる空間です。

DSC_0020

今度は弁当でも持っていって、一日かけてマッタリとしてきたいものです。

 

参考資料:
柴田町 太陽の村

 

1月 31

泉ヶ岳

もう2016年も1月も終わろうとしています。

昨年も大変な1年でした。

春まで職業訓練校での訓練を受けて、再就職して。

でも、ようやく良い職場に恵まれました。

 

金曜日から風邪をひいてしまい、仕事は休みました。
せっかくの週末もパソコンのデータ整理です。

そしたらすっかり忘れていた写真類が出てきました。

2015年の7月12日に泉ヶ岳に遊びに行った時の写真です。

思い出しながら書きたいと思います。

 

久しぶりに、以前の会社でお世話になった職人のSさんの誘いを受けて泉ヶ岳に出かけることになりました。
山歩きに出かけます。
Sさんも出世して副工場長になったとのことでした。

買ったばかりのサニトラで、Sさんを迎えに自宅に向かいました。

空

その日は快晴でした。初夏とはいえ、とても暑い日でした。

Sさんももう50歳も後半だったと思います。
なので、サニトラを見てすぐにサニトラだとわかったようです。

今時サニトラは、へたをすれば外車扱いです。

会社の女性も外車と思っていたらしく、「助手席から乗るものと思っていました」という始末です。

サニトラはクーラーもありますが、クーラーをかけるとオーバーヒートするので点けられません。

でも三角窓から入る風は意外なほど心地よいです。

 

泉ヶ岳に付くとなんと、たまたまなのですが、旧車の集まりをしているではないですか!

集まり始まったばかりで、次々と珍しい車がやってくるではないですか?

DSC_0054

DSC_0056

臨時バス(?)までやってくる始末です。

車好きの二人です。もう見ないわけにはいきません。

そして、こっそりと自分のサニトラも展示してきました。

p6-300x221
(拾い物の画像ですが、自分の車ですのでお許しを)

自分の車以外は、しっかりと写真に収めてきました。

7
スーパーセブン

7_内装
スーパーセブンの内装

DSC_0053
レーシングカー?公道も走れるのでしょうか?

DSC_0057

セリカ_前
懐かしい「ダルマセリカ」

セリカ

一通り見物したあとは本来の目的の山へ向かいました。

山1

下の駐車場から頂上まではさほどありませんでした。

山2

ハンググライダーもたくさん飛んでいました。

山を歩いていると、とても気持ちいいです。

山3

山4

車で途中まで来ると感じないのですが、標高は意外と高そうです。

仙台平野が一望できました。絶景です。

 

とてもさわやかな気分になって帰ってきました。

帰りがけにはSさんお勧めのラーメン屋でラーメンを食べてきました。

 

 




5月 17

東北歴史博物館

職場が変わり、明日は初出社です。

宮城県に来てから何度目かの就職です。

明日からまた忙しくなるので、今日は不安を紛らわすために出掛けることにしました。

「東北歴史博物館」で特別展をやっていると知って出かけることにしました。

「医は仁術展」です。

朝10時くらいに出掛けました。

借上げ住宅からだいたい1時間半です。

DSC_0046

入館料は、特別展を含めて1200円でした。ちょっと高い?

まずは特別展へ。

DSC_0020
展示状況

DSC_0019

特別展では医学の今に至るまでの歴史を知ることができます。

DSC_0027

解剖の記録の挿絵などあり、少しグロテスクかもしれません。

ボクは少し苦手です。

でも医学の発達により多くの病気が治るようになったのです。寿命も延びました。

先人の苦労の結果だと思います。

でも、解剖のために体を提供した人の厚意も忘れてはならないのだと思います。

過去には、死刑になった囚人がやむなく解剖の材料となったことも多かったようです。

DSC_0022

DSC_0024
手術道具

そして、東日本大震災でも大勢の医者が派遣され活躍したことがパネルとして紹介されました。

DSC_0025

レディ・ガガの寄贈したティーカップ

次に常設展示へと向かいました。

後でわかったのですが、写真撮影禁止のものも撮ってしまいました。

後の祭りです。なので本来は撮ってはいけないものも含まれてしまっているかもしれません。

東北の歴史を古代からさかのぼって知ることができます。

DSC_0030

DSC_0043
土偶

DSC_0042

犬の墓

古代には狩りをするのに犬が良きパートナーとなっていたようです。

だから死んでしまった時は大事に埋葬されたそうです。

DSC_0041

DSC_0038

中世へ

DSC_0037

DSC_0031

近代へ

DSC_0040
昭和のお店を再現したもの。

ボクの小さい頃はこんな家ばかりでした。

なっかしい。

回って気づいたのですが、複製もとても多いです。

3Dプリンターの普及とともに複製も簡単に作れるようになったからですね。

複製だったら展示することによってモノが痛むことを避けられますし、現物を実際に所有していないモノでも展示できますから。

でもそれが展示を充実したものにしているようです。

実際に、東北歴史博物館の展示物のボリュームもかなりのものです。

DSC_0047
レストランでは、古代米を使った料理を堪能できます。

DSC_0045

古民家を移築したもの。残念ながら修理中でした。

さて、明日からどうなることやら。

 

参考資料:
東北歴史博物館
宮城県多賀城市高崎1-22-1
TEL:022-368-0106
http://www.thm.pref.miyagi.jp/enter_top.html

 




5月 14

福の湯

福の湯_2

母は血栓ができ、ボクは心臓が弱り・・・。

療養のため心臓にも、血栓症にもいい鳴子温泉の「福の湯」の炭酸泉につかりに行きました。

借上住宅から車で2時間ほどでしょうか。

同じ県内でも遠いです。

福の湯の周囲はとても静かなところです。

福の湯_1

福の湯_4

福の湯_3
周辺環境

炭酸泉は温度は低いけどとても温まると聞いていました。

半身浴で効果があるようです。

ボクは1時間ほどつかってきました。

母は2時間ほど。

うーん。思ったよりというか全く、大分の有名な炭酸泉と比べたら「しゅわしゅわ」感がないです。

でも見えない炭酸が含まれているとか?

当分は療養のため、毎週土曜日は温泉の日と決めました。

ここへは、毎週来るつもりです。

帰りは手打ちそばを食べてきました。

体調、回復するかな?

(後日談)

その後、何度も行きましたが、初回と違って、結構しゅわしゅわでした。

季節や日によって炭酸の出る量が違うのかも。

お勧めの温泉です。

 

参考資料:

「福の湯」
http://www.naruko-fukunoyu.co.jp/

 




9月 24

田代島

うちの家族はネコ好きです。

現在も3匹飼っています。

ネコ好きなら1度は行ってみたいのが田代島です。

今回初めて田代島に行ってきました。

母と行ってきました。

fe34658425

本日の空。晴れ。

朝の7時に家を出発して、三陸道を通って石巻に向かいました。

石巻はここ3年で随分行きました。

震災直後はひどいものでした。

ガレキは散乱し、積み上げられたガレキはそれはそれで悪臭を放っていました。

でも、すでにかなりきれいに片づけられていました。人々はたくましく生きていました。

でも、きっと多くの人はまだ心の奥深くに癒えないキズをかかえて生きているのだと思います。

自分たち家族もそうです。きっと震災で受けたキズは一生背負っていかないといけないと思います。

0bd3a660d3

きれいに片づけられた港

田代島にはお店はないとの情報がありましたので、途中、コンビニでおにぎりなどを買っていきました。
8時には波止場に着きました。9時の船ですが、すでに多くの人が集まっていました。そして9時近くになるとバスで団体の旅行客も来ました。

たくさんの人が田代島に向かうようです。

d7a0a6e7e5

船は何年ぶりだろうか?10年以上乗っていなかったもしれません。

船に乗り込むと、念のため救命道具の位置を確認しました。

45分ほどで田代島です。船の旅もいいものです。波に揺られ眠くなってきました。

c87a8d1164

田代島が見えました。

降りるとすぐにお出迎えが!期待が高まります。

99ed4a7012

港では多くのネコがご飯を食べていました。

ec8f66b3e1

cb452ce1e3

b248d03a24

99ae6904d3

0c28030a2e

港を歩いてみて気づきました。

意外とネコが少ない。確かに他のどこよりも密度は大きいと思います。

でも、少ない。

ボクはもっと足の踏み場もないほどネコであふれかえっているのかと思っていました。右も左も前も後ろもネコづくしだと期待していました。

少し期待外れ。

きっと、津波で流されたネコも少なくなかったのかもしれません。それが現実なのです。

27de063a4f

港でネコを観察したあとは、今日のお目当ての一つでもある「猫神社」に向かいました。

a691362562

44010305c4

d119598c03

宮城県はすっかり秋です。

792db81d12

標識通りに内陸の方へ進みます。

着きました。

8cb88d35dd

とても小ぢんまりとした神社でした。なんだか、小さくて、ちょっぴりさびしいなぁ。

2b245e23b6

特筆するものは何もないように感じてしまいました。

時間もまだあるので、島の南側に向かって引き返しました。迎えの船は14時です。

5556333c5b

住宅地。人口は少ないと予想できました。

d0d8389da7

多くの家々が津波で流されたようです。生々しいキズ跡が。

1cd2b3e6a1

島からの眺めはとてもいいです。

b8d11eb87f

荒々しい海を確認できました。

ちいさい島なので半日あれば十分観光できると思います。

ボクは1度行けば、もういいかな。

少しだけ親孝行もできたかな?

 

参考資料:

「田代島」
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/-kanko/-kankomap/d0120/20130225104052.html

 

8月 30

国営みちのく杜の湖畔公園へぶらりひとり旅(1)

来月からまた忙しくなるので、時間のあるうちにと思い、近場ですが息抜きに出かけることにしました。

今日は「国営みちのく杜の湖畔公園」へ出かけました。

朝9時位に家を出て、北へ約1時間車を走らせます。

秋保温泉の近くにあります。

少し前に1度だけ通りかかったことがあるので、場所もなんとなく知っていました。

本日の相棒
本日の相棒

本日の空
本日の空 曇りときどき小雨

気温はだいたい24度程度で涼しいです。

雨雲の切れ間から、ときおり見えるスジ雲は高く、すでに秋の空でした。

駐車料金は310円です。入園料は大人は一人420円です。

公園なのにお金を取るの?と思う人もいるかもしれません。

でも、入ってみると中は適度に人の手が入っていて、きもちのいい空間です。入園料を払ってでも入る価値はあると思います。

無料だけど、あまり手入れされていない公園もたくさんあります。全く手入れされないままの公園も中にはあります。そういう公園はしだいに荒廃し人も入らなくなっていきます。

それを考えるとやはりいいものを後世に残し続けていくためには手入れのための費用がかかるので入館料がかかるのも仕方のないことだと思います。

昔話の語りなどのイベントをやっていることもあるそうです。

 

ボクが一番楽しみにしていたのは古民家の移築があることです。

中に入って早速「ふるさと村」へ向かいました。

 

先ず見学したのは、「遠野の家」です。

遠野の民家は「曲がり家」で有名です。

遠野の家_1
家の平面がL字になっています。

遠野の家_2

遠野の家_3

遠野の家_4

次は「鳴瀬川河畔の家」です。

鳴瀬川湖畔の家_1

この民家は2階建てなのです。
2階建ての古民家は珍しいです。

なんでも養蚕をやっていた庄屋さんの家だそうです。
養蚕と聞いて納得できました。
養蚕をやっている家だと屋根裏で蚕を飼っていることも多いからです。昔の民家の屋根裏は広いですから。

確か白川郷も屋根裏は何層にもなっていて、昔は蚕を飼っていたと記憶しています。

鳴瀬川湖畔の家_2

公園のスタッフの方が縁側で唐辛子を干していました。

ふる里村を歩いて気づいたのは昔の農村の生活がとてもよく再現されていることでした。

実際に、畑には作物が、田んぼには稲が植えられています。
田んぼには昔ながらの かかし も。

そして、この民家の中ではお茶と漬物もいただくことができました。
茄子やきゅうりの漬物、それに、たくわんがありました。
ここの公園内で採れたものだそうです。

古民家の中は薄暗くて、とても落ち着く雰囲気です。時間の流れさえもが違うように感じました。

少し、カビ、あるいは土を連想させる、古民家独特の臭いも感じます。
また、柱時計の「ボーンボーン」という音や風鈴の「チリーンチリーン」という音色が雰囲気を盛り上げます。

外では鈴虫が鳴いています。

ボクも、スタッフの方としばしの間雑談をし、お茶をいただきました。

鳴瀬川湖畔の家_3

鳴瀬川湖畔の家_4

鳴瀬川湖畔の家_5
とても珍しい囲炉裏。

次は「南会津の家」です。

南会津の家_1

スタッフの方の話では、この民家は屋根に植木が植えられているのが特徴だそうです。
確かに何か草のようなものを確認できました。

南会津の家_2

南会津の家_3

次は「月山山麓の家」です。

月山山麓の家_1

屋根に特徴があると思います。

月山山麓の家_2

次々に見て回りました。次は「本庄由利の家」です。

本庄由利の家_1

この民家はとりわけ広くて、りっぱな屋敷という感じでした。

本庄由利の家_2

「釜房の家」

釜房の家_1

釜房の家_2

釜房の家の前にはりっぱな松の木も植えられていました。

DSC_0006
「湯田河の松」

DSC_0005

ふるさと村の周辺環境

DSCN3844

円筒分水。たんぼへ供給する水を公平に分ける装置だそうです。
はじめて見ました。

DSCN3843

周辺環境_1

宮城県全体にも言えることですが、自然がとても豊かです。
ふるさと村の内部も自然を生かすような方法で管理されています。

自然が豊かだから生き物もたくさんいました。
蝶、トンボ、セミ。
日本ではありふれている生き物のように感じますが、実際は、少し都市部に入れば、もうあまり見かけることもなくなっています。

昔ながらの農村がよく再現されています。

アメンボ

ボクが小さいころは、雨が上がると必ずといっていいほど水たまりでアメンボをみました。
よく捕まえては水のないところに放して、飛び跳ねるのを見て楽しんでいました。

でも、ホント、アメンボなんて久しぶりに見ました。

どんどん自然はなくなっているのだなと実感してしまいました。

そして、いつもながら感じるのはなんで日本にはいいものがあったのに、それをわざわざこわして新しくしてしまうのかという疑問です。

資産的価値においても、建てる際の手間においても、古民家には今の住宅にはない価値があります。

確かに薄暗かったり、気密性がなかったり、プライバシーが保てなかったり、現代の生活にそぐわないケースもあると思います。

でも、こういう古い民家を好む人も大勢いると思います。そうゆう人が移築などの方法で購入できるようにするなどの方法もあるのかもしれません。

維持費もかかると思いますが、こういうものを保存するためにこそ補助金などが使われるべきだと思います。

簡単に古いものをなくしてしまうのではなく、何らかの方法で後世に受け継いでほしいと思います。

車もそうです。

一昔前の車だって、今の車にはない良い雰囲気、デザインがあります。

そういうものがなぜ保存され、受け継がれていかないのか疑問です。

部品の供給もなぜ10年ほど経つとしだいに減ってしまうのでしょうか。

納得いきません。

イギリスでは古いモノへの評価が高いです。古いモノこそ価値があるとみなされます。

だからミニクーパーも現在でも供給部品を集めれば新車が作れるというのは有名な話です。

日本人はなぜ、こうも次々に古い良いモノを壊してしまい、新しいものにしてしまうのだろうか?

なぜ古いモノの価値がわからない人が多いのでしょうか?

 

つづく

 

参考資料:

「国営みちのく杜の湖畔公園」
宮城県柴田郡川崎町大字小野字二本松53-9
http://www.michinoku-park.info/index.html

 

 

 




8月 30

国営みちのく杜の湖畔公園へぶらりひとり旅(2)

ふる里村を見学したらすでに時間は1時過ぎでした。

ご飯を食べにレストハウスへ。

そうそう。
ふる里村の途中で丸っこい植物がたくさん植えられていました。

DSC_0016

コキア食べられるそうです。

DSC_0015

DSC_0030

他にもいろいろな作物が。

そして、見つけた秋。

DSCN3787

DSCN3789

DSCN3824

ようやくレストハウスに到着

DSCN3783

遠くから見たらまさに円墳ですね。

円墳の中でミイラになった気分を味わいながら食事も味わえます(?)。

「てんぷらそば」 600円ほど。

お昼ご飯

内容と質を考えると、ちょっとばかりお高くないですか?

でも、薄味だけど そば は割とおいしかったです。

ご飯を食べた後は散策にでかけました。

「時の広場」へ

DSCN3779

ストーンヘンジ風ですね。

それから庭園を見ながら奥へ

DSCN3782

DSC_0054

たくさんの花がきれいです。

DSCN3784

花は詳しくないのが残念・・・

DSC_0053

DSC_0052

滝状の水の落下の内側に入ることができます。

DSC_0033

さらに行くと木道がありました。

今後は湿地の植物も増やしていくそうです。

DSC_0035

DSC_0038

湿地を抜けて

DSC_0042

釜房湖

DSCN3793

DSC_0044

DSC_0046

ところどころに東屋があって一休みできます。

そんな東屋のひとつで

座って秋へと移りゆく景色を見ていると、なんだか無性に悲しい気持ちが沸き起こってきました。

時折降る小雨や曇り空がそうさせるのでしょうか。

自分はずっと一人です。

一人の時間が長いと一人でいることがあたりまえのことになってしまいます。

そして、一人でいる時間を好むようになりさえもします。

自分もいつのまにか随分生きてきたなと、なんだか、しみじみ感じました。

いろいろと昔のことも思い出されてきました。

そして、歳を重ねれば重ねるほど自然の中に身を置くことに安らぎを感じます。

なんだかすっかり感傷にひたってしまいました。

 

 

 




7月 16

松島へぶらりひとり旅(1)

今日は松島まで気分転換に出かけました。

でも、天気はあまり良くありませんでした。

曇り、時々雨。夕方は土砂降り。

本日の空

本日の空

9時位に家を出て、三陸道経由で松島へ向かいました。

松島は10年以上行っていませんでした。

以前行った時は、まだ ばあさんが元気な時でした。

VIVIOに乗ってボクと母と ばあさんと3人で出かけました。

その時は、母と ばあさんは遊覧船に乗って、瑞巌寺も見ました。

ここ10年でいろいろな事があって自分を取り巻く状況も大分変化してしまいました。

あれから10年以上か。

自分はあれから人間として成長できただろうか?何か成し遂げたのだろうか?

振り返ってみると何も成果といえるものも特にない、むなしい月日だったような気がしてなりません。

しとしとと時折降り注ぐ小雨も、ちょっぴり気分に影を落としてしまいます。

でも、ボクはこんな小雨が降り、静かな時間が流れる日も嫌いではありません。
気をとりなおして出かけます。

松島へは11時少し前に着きました。
借上げ住宅から約1時間半です。

特に道に迷う事もありませんでした。

先ずは「松島 さかな市場」で腹ごなしです。45号線ぞいにあります。

さかな市場

平日というせいもあり、さかな市場内は そんなに人は多くありませんでした。

「海鮮塩ラーメン 」や 「うに丼」 もとても気になりました。
でも今日は、 「いくらネギトロ丼」 (900円) をいただきました。

ご飯

とてもリーズナブル、かつ新鮮でおいしかったです。

やはり海鮮ものは、鮮度、値段からして現地で食べるのが一番です。

IMG_1186

車は町営無料駐車場に置きました。

IMG_1190

駐車場からの海

地元なので時間はたくさんあります。

歩いて付近をぶらりと散策しました。

メインストリートに出てみるとさすがに人は多かったです。
平日ですが特に中学生が修学旅行で来ているのが目立ちました。

IMG_1272

昔と変わらない街並み

IMG_1191

松島水族館。今日は入りません。

松島海浜公園へ

IMG_1196

IMG_1197

IMG_1195

一部分は震災で被害を受けた部分を補修していました。

海からの眺め

IMG_1256

IMG_1193

IMG_1266

IMG_1199

昔よりも水は汚れていました。震災の影響でしょうか?

IMG_1269

五大堂へ

IMG_1260

IMG_1257

IMG_1261

IMG_1262

五大堂からの眺め

IMG_1264

IMG_1273

福浦島へ続く橋

IMG_1275

福浦島へ行くには200円の通行料をとられるそうです。
今日は行きませんでした。

松島は言うまでもなく海に面しています。

でも、被害は驚くほど少ないです。

それは、松島の海に浮かぶ島々が守ってくれたからだそうです。

自分たちを守ってくれた松島の島々は、きっと、もはや地元の人にとってはかけがえのないものとなっているに違いありません。

つづく

 

参考資料:

「松島 さかな市場」
宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂4-10
TEL 0120-50-2318
http://www.sakana-ichiba.co.jp/index.html

 




7月 16

松島へぶらりひとり旅(2)

海を見た後は円通院に出かけました。

道中で見たもの
IMG_1203

IMG_1204

「三聖堂」

IMG_1207

IMG_1208

「いぶき」

近くで見ると、とても有機的で、木ではない生き物のようです。IMG_1212

 

IMG_1213

「御水主町の民家」

瑞巌寺
今日は中には入りません。

IMG_1254

IMG_1249

参道

立ち並ぶ杉の木は塩水をかぶってしまい存続の危機にさらされました。
今はどうなのでしょう?

後世に残してほしいです。

IMG_1246

IMG_1252

IMG_1253

「瑞巌寺洞窟堂」

IMG_1201

IMG_1211

「円通院」へ

IMG_1214

IMG_1215

IMG_1217

IMG_1216

先ずは枯山水

よく手入れされています。

IMG_1220

少し入ると、茅葺屋根の建物があり、「数珠つくり教室」をやっていました。

IMG_1225

IMG_1233

IMG_1227

本堂へ

IMG_1231

庭園

IMG_1221

IMG_1222

IMG_1242

IMG_1243

IMG_1241

IMG_1229

IMG_1226

やはりいつも思うのですが、歴史を語るのは大木とコケですね。

とてもコケがみごとでした。

梅雨のしとしと雨がとても似合うしっとりとした庭園でした。

IMG_1234

IMG_1235

IMG_1236

「伊達宗高 並殉死者供養塔」

IMG_1244

IMG_1245

のんびり歩いてきました。

さて帰途につきます。

地元に着いてもまだ時間があったので、有名なものではありませんが、「称名寺」の 「シイノキ」 を見に行きました。

IMG_1276

IMG_1277

「シイノキ」

IMG_1279

IMG_1280

「五重塔」

いい気分転換になりました。

家には4時半には着いてしまいました。

もう少しいろいろ見ればよかったかな?

でも、どうせ近いから。また別な時に見に行こう。

参考資料:

「称名寺」
宮城県亘理郡亘理町旭1
http://miyagitabi.com/watari/shoumyouji/

 

4月 20

仙台散歩(1) かき小屋仙台港

先週の水曜日でした。

天気もよく、ぽかぽか陽気でしたので近所の散歩に行きました。

散歩といっても軽トラに乗っての散歩ですけど。

借上げ住宅から車で北に1時間弱のところに牡蠣小屋があります。

なんと2500円で食べ放題なのです!

ボクは牡蠣が大好きです。

という訳ですね。

割と近いのでお店も何なりと見つけて、店内へ。

時間は11時でした。

平日なので、他の客はいませんでした。

静かに、たくさん食べられていいですね!

食べ放題なのも、牡蠣の炭焼きも初めてでした。

お店の女性が食べ方を教えてくれました。

網の上に並べて5分ほど金属の蓋をし、蒸し焼きにするそうです。

そして、しょうゆか味ぽんでいただきます。

さぁ、焼くぞ!

店員がもってきたのはバケツ一杯の牡蠣でした・・・。

さすがにこれすべては無理かも・・・。

「こんなに食べられません」。

「そうなんですか?」

「でも、まぁ、食べられるだけ食べてみますので、置いておいてください」。

バケツの牡蠣

DSCN3414

DSCN3411

焼いている間に向こうに目を向けると、ねこが何かを食べていました。

牡蠣を食べるねこ

食べているのは牡蠣でした!

なんと贅沢な!

「これは野良なのですか?」

「そうですよ」

そうこうしているうちに5分が経過しました。

時間は砂時計で計っていました。

蓋をあけるといい感じに焼けているようでした。

「メス」のような金具で貝をこじあけて食べました。

少し、殻も混じってしまいますが、気にしない!

しょうゆを少したらして食べると、とってもおいしいです!

そして、次々と食べてしまいました。

気づくとバケツは空になりつつありました・・・。

ホント、おいしかったです!

来年も来よっと。

 

参考資料:

かき小屋仙台港
宮城県仙台市宮城野区蒲生字耳取189
022-254-5640
http://www.kakigoya.jp/index.html