6月 29

南相馬市散歩(1)

用事があって、福島県の南相馬市に行きました。

時間があったので、市内をぶらぶらしました。

本日の空

本日の空。
ときどき曇り。風は涼しく、さわやか。

ボクは古いものがとても好きです。
そこで、まずは「旧武山家住宅」へ。

IMG_1145

IMG_1144

期待外れでした。近くに行くことも、中に入ることもできませんでした。

でも、国定有形文化財だそうです。

もっと整備して、中も解放すればいいのにと感じてしまいました。

次に向かったのは、「南相馬市博物館」

IMG_1149

ここには、蒸気機関車が展示されています。
本物です。

外に展示してあるため、蒸気機関車の見学は無料です。

IMG_1176

C50蒸気機関車

全景_1

全景_2

IMG_1160

IMG_1162

重量感があります。車軸には、板バネが多数使用されていました。
鉄板もぶ厚く、車輪はボクの背丈ほどもありました。

裏に回ってみると。

IMG_1164

IMG_1169

IMG_1166

本来は、燃料の石炭がたくさんはいっているところ。

IMG_1171

石炭をくべるところ。

IMG_1173

運転手の目線で。

IMG_1174

鉄道好きにはたまりません。

いつも思うのですが、古くても良いものは時代を超えて普遍的な価値があると思います。

こんなにもすばらしいものが、なぜもう走っていないのか?

大事に整備して永代にわたって使用していくべきだと思います。

蒸気機関車しかり、ゼロ戦しかり、車しかり。

個人的には、車も一昔前のものの方が価値は高いと感じています。
S30ファレディZ、ハコスカ、MR2、86トレノ、レビン、20ソアラ、レパード、CR-X、挙げればきりがありません。
かつての日本には、良い車があふれていました。

今の車はなんなんですか?

似通っていて、オリジナリティのないデザイン。カチカチインパネ。

確かにLEDが多用されていたり光モノはきれいです。
きっと、走行性能も上がっていることでしょう。

でも、ボクは今の新車なんてもらっても乗る気しません。
(BRZは別として・・・)

エコとはなんでしょうか?

古いものを切り捨て、次々に燃費のいい車に乗り換える事なのでしょうか?

その度に多くの鉄くずを出してですか?

むしろ、良い物を修理しながら大事に永く乗り続けることこそ、本当のエコではないのでしょうか?

多くの人はきっとわかっているハズ。

次々と新しいものに乗り換えて徳をするのは、産業界だけではないのですか?

産業界に踊らされているのではないのですか?

でも、この国には、古い良いモノを乗り続けていくシステムがない。

しだいに部品の入手も困難になっていきます。

とても残念です・・・。

つづく

参考資料:

「旧武山家住宅」
福島県南相馬市原町区北原字大塚213

「南相馬市博物館」
福島県南相馬市原町区牛来字出口194
0244-23-6421

 







Posted 6月 29, 2014 by cheshirecat in category "福島県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です