4月 20

仙台散歩(2) 地底の森ミュージアム

牡蠣小屋の後は海岸沿いの道を通りつつ、太白区の「地底の森ミュージアム」へ

1度行きたいと前々から考えていました。

実際に行ってみると、結構な街中にありました。

外観

ここは氷河期時代の森の跡を見ることができます。

「地底の森」というだけあって、地階に降りていきます。

DSCN3440

DSCN3459

黒いのが木の化石です。

また、たき火の跡などもありました。

細くて、薄暗い廊下を通って2階の常設展示室へ

DSCN3443

DSCN3444

DSCN3445

DSCN3447

氷河時代の人が着ていたと思われる服飾を再現したものがありました。

DSCN3454

写真は、女性用ですが、なかなかおしゃれではないでしょうか?

DSCN3449

氷河時代の景色を再現したジオラマにホログラム(?)で人が生活する様子が写し出されていました。
ちゃんと動きます。

展示物のボリュームはそう多くはありませんでした。

メインはやはり地階の森の化石群です。

一通り中を見学してから庭に出ました。

庭は、氷河時代の森を再現したものだそうです。

DSCN3461

DSCN3462

氷河時代の森に見えますか?

ただ、少し目をあげるとマンションが目に入ってきて雰囲気を台無しにしてしまっていました。

それなりに楽しめました。

参考資料:

「地底の森ミュージアム」
仙台市太白区長町南4-3-1
TEL. 022-246-9153
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/chiteinomori/

 




Posted 4月 20, 2014 by cheshirecat in category "宮城県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です