11月 23

平家の里へぶらりひとり旅(3)

今日は行楽日和、「平家の里」の駐車場にはツーリングで訪れたバイカーなどがたくさんいました。

また、ひときわ目立つ大きな木がありました。なんだろう?と近寄ると。

ご神木でした。

「平家の里」は、平家落人伝説の地として有名です。

029

028

DSCN3155

DSCN3156
いざ、平家の里へ
とても立派な門構えでした。

DSCN3157
ここで、入場券を購入して

DSCN3160
周囲にはカランカランと響く音が響いていました。
発生源はこれでした。

DSCN3161

一つ目の建物へ

DSCN3162

DSCN3163

DSCN3165

次の建物は、調度営みどころ

DSCN3167

DSCN3168

DSCN3170

DSCN3172

次へ

DSCN3176

DSCN3178

DSCN3180

よろず床しどころ

DSCN3186

DSCN3187

別な建物に移りました。

ここで、トラブル発生。
デジカメの電池がなくなってしまいました。
充電不足でした。

トホホ。

しかーし。
スマートフォンがあるでしないですか。
はじめてスマートフォンなるもので写真を撮りました。

解像度もあり、なかなかいいものです。

007

ここは、貴重なものが展示してあるのか、ガラス張りでした。

010

011

そして、メインの建物へ

018

015

016

017
「赤間神社」

020
庭園

013

DSCN3182
水力の石臼

DSCN3185
売店だったかな?

021
平家塚

022

平家の歴史はあまり知りませんが、このような山奥に住まざるを得なかったとは、悲哀を感じずにはいられませんでした。

機会があれば平家の歴史も勉強したいと思います。

それにボクは、古いものなどとても好きなので楽しめました。

きっと、鎧などは代々伝わる本物なのでしょうね。
由緒のありそうな造りをみてみると、落人伝説は単なる伝説ではなく、むしろ真実であると感じます。

その他 (実は何の写真か忘れてしまったり・・・)

DSCN3183

DSCN3184

012

平家の里でいろいろなものを見て楽しんだ後は、周辺の散策で出かけました。

古木の立派さなどを目の当たりにして、やはり、歴史のある山里であると感じずにはいられませんでした。

025
とても大きな何かの木。

026
奥の方には吊り橋がありました

027
吊り橋からの眺め

つづく

 

参考資料:
「平家の里」
栃木県日光市湯西川温泉1042
0288-98-0126

 




Posted 11月 23, 2013 by cheshirecat in category "栃木県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です