11月 7

ゴールドラインへぶらりひとり旅(2)

レストハウスからすこし走ったら「野口英世記念館」がありました。
前から気になっていたところでしたので寄っていくことにしました。

IMG_0899
記念館前からも磐梯山がきれいに見えました。

IMG_0898
野口英世博士。
写真などのほうがずっと男前ですよね?

IMG_0897

IMG_0878

IMG_0880
博士の生家があるのですが、現在は補修中でした。

IMG_0881

IMG_0882
博士は貧しい家に生まれたとされています。
でも、今の感覚からすると、広くてなかなかいい家ではないでしょうか?

IMG_0884

IMG_0885

IMG_0887
「流し」だそうです。

IMG_0889
いなごとり籠。
ちなみにボクはイナゴは食べられません。栄養価は高いようですよね。

IMG_0891

IMG_0890

博士の家は当時の民家を知るうえでも価値のある資料になり得ると思います。
補修してぜひ後世に残してほしいです。

IMG_0876
ここで、博士のお母さんが洗物をしているときに火傷を負ってしまったそうです。

IMG_0877

IMG_0894

IMG_0893
博士の着物。穴が多数空いていました。

IMG_0895
博士愛用の顕微鏡

IMG_0896

記念館で博士のことを学んで感動したことがありました。

博士は小学生のとき、貧しくて勉強できないもどかしさや、みにくい指を切り落とそうと思ったことを作文に書いたそうです。
それを読んだ先生や同級生は寄付を募って博士を進学させたそうです。

昔の日本人のなんと暖かいことか。

決して日本人としての誇りを失ってはいけないと思います。
そして、日本人としての人情を。

今の日本人は人情を忘れていませんか?

すごく暖かい気持ちになったひと時でした。

また、貧しくてもがんばって生きてきた人の人生は生きる勇気と強さを与えてくれ
ます。

野口英世しかり宮沢賢治しかりです。

少しだけ寄り道してしまいましたが、生きる勇気をもらいました。

つづく

参考資料:
「野口英世記念館」
福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81
0242-65-2319
http://www.noguchihideyo.or.jp/museum/

 







Posted 11月 7, 2013 by cheshirecat in category "福島県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です