10月 22

足利市へぶらりひとり旅(3)

足利氏宅跡を散策した後は少しだけ街中を歩いてみました。

メインの通りはよく整備されていて新しくきれいです。

しかし、1歩裏にまわれば木造の家があり、歴史のある街であることが伺えます。

古い木造の家が立ち並ぶところは、若い時に住んでいた墨田区の、向島を思い出させました。

ボクは古い家や街が好きです。

なんとも落ち着きます。

歳を重ねるにつれて一層そういう気持ちが大きくなっていきました。

新しい家には別に住みたいとは思いません。

むしろ木造の古い家に住みたいです。

丁度お昼も少し回ったので、次の目的地である「足利学校」の近くの蕎麦屋さんでお昼をいただきました。

「銀丸本店」

DSCN3257
少しお値段は張りますが、とてもおいしかったです。

さてと、はらごなしに足利学校に入ります。

DSCN3228

DSCN3230

DSCN3231
入口

DSCN3232
割と新しい建物でした。
つくりからして、明治から大正の建物でしょうか?

ステキな外観です。

きっとそれなりの建築家が建てたのだと思います。

中には実際にいろいろな資料や本が並べてありました。

時間があればじっくり見たいところではありましたが、あいにく、あまり時間はありませんでした。

DSCN3235
孔子廟(だったかな?)

DSCN3236

DSCN3237

DSCN3239
前庭

DSCN3233
メインの建物へ

DSCN3243
内部

DSCN3244

DSCN3246
中から庭を望む

DSCN3247

DSCN3251

DSCN3255

DSCN3252
北庭園

DSCN3253

前から一度は来たいと思っていました。

今日は日曜日ということもあって、とてもたくさんの人でにぎわっていました。

敷地内には今となれば珍しい茅葺屋根の建物が立ち並び、庭もとても整備されていて、のんびり見て回れば、心休まるひと時を提供してくれると思います。

来れてよかったです。

いい気分転換になりました。

ただ、小学生の記憶は甦りませんでした。

当時来たのは別な場所だったのでしょうか?
もう20年も前のことでまったく思い出せません。

帰りは温泉にでも入ろうかと思いましたが、明日も仕事ということでまっすぐに帰宅しました。

 




Posted 10月 22, 2013 by cheshirecat in category "栃木県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です