10月 14

栗駒山(1)

 

 

今日は以前の会社でお世話になった職人のSさんと「栗駒山」のトレッキングに出かけます。

数日前に電話がかかってきて約束していました。
「職人Sさん」と出かけるのは、つつじ祭り以来です。

今日はすごくいい天気です!まさに秋晴れです。
暑くもなく、寒くもなくとても気持ちがいいです。

本日の空
本日の空

ボクは8時に家を出て職人Sさんの家に向かいました。本日の相棒はSW20のGT-S。
秋保で買った地酒を持参しました。

職人Sさんと合流してからは、高速道路を通って現地に向かいました。
築館インターで降りました。そして、さらに40分ほど山の方へ走りました。
職人Sさんが道をよく知っていて道案内してくれました。

登山口に向かう途中に「ハイルザーム栗駒」がありました。
その周辺では「玉こんにゃく」「おやき」などの出店が並んでいました。
どうもそこから先、登山口まではシャトルバスに乗り換えて向かわないといけないようでした。

途中の道はカーブが多く危険だからなのでしょうか?
かつて大きな事故でもあったのかもしれません。

DSCN2820
この青い空!(いわかがみ平にて)

DSCN2818

大勢の人が登山に来ていました。
多くの人は本格的なナップザックを背負い、それなりの装備をしていました。
でも、中にはジャケットと革靴で登っていく人も・・・。
ボクたちは普通にジーパンとスニーカー姿でした。

山頂へのアクセスには何通りかあるようでしたが、ボクたちは一番楽な「中央コース」を登りました。
このコースは一番整備されていて登りやすいとか。

DSCN2824

クマ?!
DSCN2827

もしクマに遭遇したら・・・。
クマってしまいますね!

確かに鈴をつけていたりラジオを付けている人がいました。
ラジオはクマ除けだったのですね。後で上の写真を見て知りました。
ボクはてっきりおもしろい野球の試合でもあるのかと思っていました。

DSCN2840

DSCN2841

DSCN2842

DSCN2852

山を登るにつれて植物の種類も変わっているようでした。
はじめは多少背の高い木もありましたが、しだいに背の低い植物になっているように感じました。

登山途中は額に汗が流れました。

しかし、山頂付近に近づくと風は少し強く吹き、むしろ肌寒く感じました。
すでに雲の上でしたが、少し近くに流れる、綿のようにふんわりとした雲がとても早い速度で流れていきました。

山頂7

山頂1

山頂4

山頂にはすでに大勢の人がいました。
弁当を食べたり、飲み物を飲んで一休みしていました。

もう頂上からの景色はサイコーでした。
だから山登りは好きです。

DSCN2854

栗駒山は中央コースから登ればわりと楽に頂上にたどり着けます。
人も大勢います。だから何かあっても安心です。
初心者の方も安心してチャレンジできると思います。

ぜひ、栗駒山の頂上からの眺めを楽しんでください。

下山途中、ボクは砂利道で足をすべらせてしまいました。
手を少しすりむきました。
山は何気に下りの方が危険だったりします。

下山後、少し遅いお昼ご飯を食べました。
ラーメンでした。おいしかったです。

自宅に着いたのは5時くらいでした。

先週は会社でとても嫌なことがありました。

でも、職人Sさんと話していて少し元気が出てきました。
職人Sさんは熟練職人です。それでも会社では最近もいろいろと嫌なことを経験したようです。
それでもがんばって働いている姿に元気づけられました。

ボクはそこの自称「上司」が嫌いで辞めてしまいました。

もうくたくた、今日は早く寝ます。

明日から、また嫌な会社での仕事が待っています。
でも、がんばります!

 

参考資料:
「ハイルザーム栗駒」
宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東50-1
0228-43-4100

新 着 情 報

 







Posted 10月 14, 2013 by cheshirecat in category "第二の故郷、宮城県 栗原市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です