8月 15

名取市散歩(1)

東北地方も連日のように暑い日が続いています。
暑いというか、まさに灼熱地獄です。

ボクが小さい時は真夏だってこんなに暑くはなかったはずです。
夏休みで祖母の家に行っていた時は縁側にビーチベッドを設置してよくそこで昼寝をしたり、本を読んでいたものです。
冷房がなくてもなんとか過ごせました。
近年では冷房がないととても過ごせません。

今はお盆ということできっとどこに行っても混んでいると考えました。
そこで近場で何かいいところがないかと探してみました。

結構いろいろな史跡や神社があるようです。
折角だから今日はのんびり近場を回ることにしました。

天気は快晴です。
天気はいいものの、外はとてつもない暑さです。

IMG_0409

トンビ
本日の空。ふと目を上げてみると遠くをトンビが飛んでいました。

まず「佐倍乃神社(道祖神社)」に向かいました。
IMG_0398

IMG_0397

鳥居をくぐると次に門型の建物がありました。
何っていうのだろうか?
両側には木製の武士のようなものが入っていました。

IMG_0396

IMG_0395

佐倍乃神社の門
門型の建物を裏から望む。舞台としても使われているのでしょうか?

神社
側面

佐倍乃神社由来
由来

IMG_0393

IMG_0391

ボクは神社のことはよくわかりません。

でも、神社の境内に入ってみると、気のせいかここだけ周りと違う空気が流れているような気がします。
少し涼しげで、ゆったりとしたような空気です。今までのうだるような暑さを忘れます。
静寂に支配されているような感じです。

周りはかなりの年月を経ているだろうと思われる太いスギの木に囲まれていました。
長い時の流れを感じます。

この神社も昔からこのように静かに何も変わらずに佇んできました。
そう考えると少し感慨深いものがあります。

次に向かったのは「中将藤原実方朝臣の墓」です。
IMG_0399
松尾芭蕉もここを訪れたものの墓はみつけられなかったそうです。

IMG_0402
竹やスギの木に囲まれた細道を通って奥へ進みます。
歩いていると気のせいか、やはりなんとなく周りとは違う雰囲気を感じます。静けさと涼しさと。

IMG_0401
途中、木を見上げると蝉が3匹もいました。3匹見つかりましたか?

IMG_0404

由来

IMG_0406

IMG_0408
今は柵もめぐらされて整備されているからすぐにわかるものの、ただ土を盛って、竹を刺しただけの質素な墓でした。

悲哀を感じます。

みちのくの阿古耶の松をたずね得て身は朽ち人となるぞ悲しき

次にもう少し北に進み、「熊野那智神社」に来ました。
IMG_0411

下の駐車場に車を止め、まずは道中にあった観音堂を見に行きました。
IMG_0412
ひっそりと佇んでいました。

IMG_0413
観音堂の扉の前にあった木製の像。
これは何なのでしょうか?

IMG_0416

神社の方へ向かいました。
IMG_0420

IMG_0421
かつてはここから仙台方面への展望を楽しむことができたに違いありません。
補修中でした。

IMG_0423

IMG_0424
御神木なのでしょうか?

IMG_0425

IMG_0427
鐘つき堂

全体的に道祖神社より明るい雰囲気を感じました。

この時点で、まだ時間は十分ありました。
折角だからあても特にありませんが、少し足をのばして仙台市に向かうことにしました。

つづく

 

参考資料:
「佐倍乃神社」
宮城県名取市愛島笠島字西台2

「中将藤原実方朝臣の墓」
宮城県名取市愛島塩手字北野42

「熊野那智神社」
宮城県名取市高舘吉田舘山8

 
 




Posted 8月 15, 2013 by cheshirecat in category "宮城県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です