8月 2

登米市ふたたび(2)

「春蘭亭」に着きました。

旧鈴木家。

ここは昔、中級武士の屋敷だったそうです。
今は無料で見学できます。
ただ、お茶屋も兼ねているので、折角だから、お茶もいただきます。

500円の抹茶セットです。

お茶はそんなに苦くなくおいしくいただきました。とても上品な和菓子が付いてきます。

古民家で飲むお茶すごく落ち着きます。

しばらく庭をみながらのんびりしていました。

旧鈴木家

IMG_0312

IMG_0313
魚の燻製(?)。食べられるのかな?

IMG_0326
中二階もあります。

IMG_0324
中二階内部。ここも落ち着く空間です。
子供の寝室などに使ったらきっと大喜びですね。

IMG_0316
部屋からの庭の眺め。

IMG_0319
奥座敷。

IMG_0339
裏庭から奥座敷を望む。

IMG_0335

IMG_0337
庭。日本庭園にはアジサイの花がとても似合います。

IMG_0328

IMG_0334

IMG_0331

IMG_0329

とても落ち着く空間でした。

機会があればまた来たいです。

まだ帰るには時間がありました。
そこで、登米市歴史博物館にある「旧亘理亭」(古鹿山房)を見に行くことにしました。
亘理隆胤の屋敷だそうです。

春蘭亭から車で30分ほどでしょうか。

ここは内部はすでに改築されているため、おもしろ味が半減してしまっています。
内部は撮影禁止でした。

でも、冷房は、ついていないのにとても涼しいのにはおどろきました。萱ぶき屋根の断熱効果は結構大きいのかもしれません。

IMG_0348
敷地内はとても広く、結構裕福な武士(?)だったのではないかと予想されました。
庭園は伊達家お抱えの茶人「清水道竿」の作と伝えられています。

IMG_0342

IMG_0344
正面より。

IMG_0347
側面より。

IMG_0346
ポンプを漕いでみましたが水はでませんでした。
壊れているのでしょうか?

今回も楽しい1日でした。

きっと母もそれなりに楽しんでくれたと思います。

自宅に着いたのは5時位でした。

割と余裕のある日帰り旅行でした。
あまり長時間だときっと疲れてしまうと思うので、年寄りにはこれ位余裕があった方がいいのかもしれませんね。

 

参考資料:
「春蘭亭」
宮城県登米市登米町寺池桜小路79番地
0220-52-2960
http://www.toyoma.on.arena.ne.jp/shunrantei/shunrantei.html
http://www.city.tome.miyagi.jp/hurusatolib/aruki/toyoma/toyoma04.html

「旧亘理亭」
宮城県登米市迫町佐沼字内町12番地
http://www.city.tome.miyagi.jp/map/map-shougai/sho_026.html

 

 




Posted 8月 2, 2013 by cheshirecat in category "宮城県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です