6月 20

斎理屋敷へぶらりひとり旅(4)

次に向かったのは「童の蔵」です。

DSCN1963

展示してあるのは懐かしいおもちゃ達でした。
竹とんぼ、昭和初期のものと思われる戦闘機の精巧な模型、凧。
2階には雛人形の写真など。

最後にのんびり庭を散策してきました。

小雨の降る中とても情緒あふれていました。

DSCN1925
右に居宅を望む。

DSCN1940
「屋敷神」

DSCN1959
池。
覘くとたくさんの錦鯉がエサ欲しさに近づいてきました。

DSCN1962
向こうに見えるのは居宅。

庭の中ほどの南寄りには東屋がありました。

少しのんびりしようと座ってみると。
何か雫の落ちる音が聞こえました。
「水琴窟」が仕掛けてあるようでした。
梅雨の時期の日本庭園にふさわしい音色を奏でていました。
少ししんみりしてしまいました。

DSCN1982
東屋。

DSCN1983

石造りのモニュメントがありました。
観賞のためのものと思われます。

DSCN1985

きれいな石がはめこんであるみたいなので近づいてみました。

DSCN1986

ビー玉がはめこんでありました。

とても充実した一時を過ごすことができました。

 




Posted 6月 20, 2013 by cheshirecat in category "宮城県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です