5月 31

登米市へぶらりひとり旅(3)

市内で見た歴史を感じさせる建築たち

DSCN1781

DSCN1780

DSCN1778
これは水沢県庁記念館だったと思います。

DSCN1774

DSCN1731

DSCN1729

DSCN1726
誰も住んでいないのかな?

すずめ2
でも、よく目をこらして見てみると。住人(住人?住鳥?)みつけました(笑)

DSCN1725

DSCN1723
これは警察資料館のわきにあった電話ボックスです。

使われなくなってしまった建築もあり少し残念でした。建物は人が住まないと痛みが加速します。
ぜひ後世に残してほしいと思います。

ただ震災の影響も受け、屋根全体にブルーシートがかぶせてあった建物もあり被害も小さくなかったことを物語っていました。

 
 




Posted 5月 31, 2013 by 猫之介 in category "宮城県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です